トップページ 擲銭法占いって何?

擲銭法(てきせんほう)とは、銭…いわゆるコインを使った占いのことです。

コインの裏と表どちらか一方がでることによって、それに応じた答えを導き出す占術です。

6枚のコインを使う方法と3枚のコインを使う方法があり、例えば今後どうなるかなどの移り変わりを知りたい場合は、コインを3枚使って占っていきます。

イエスかノーか行くか行かないかなどのどちらかの答えを知りたい場合は、コインを6枚使って占っていきます。

占いのことを「易学」ともいいますが、この擲銭法占いも、もちろん易学の一つです。

中国の唐時代には既に行われていた易学であり、日本では平安時代に栄えた占術です。様々な事柄や吉凶事などで使われてきた歴史ある占い方で、戦国時代では軍師が戦局の策を練るときに使い、素晴らしい的中率をあげ、その時代で取り入れられていた易学です。

また、易学は万事がうまく進まない場合、その場に合った護符を身に着けることにより、その場の状態を良くするという方法をとるものです。

例えば擲銭法占いやそのほかの易学で、片思いの相手とのことを占ってもらったけれど、あまり相性が良くないときは恋に効く護符をお勧めします。

引っ越しについて占ってもらったけど、悪い結果が出た時などはその時期や方角の風水に効く護符を使って風水環境を整えていくのです。

たとえ悪い結果が出ても護符や風水の力を借りて、良くしていこうと思う心も大切です。

護符を購入するなら名古屋の杉山文四郎先生の護符が良いです。確かな品です。

 

2017/8/26更新